痩身エステに通った。その10年後。

20代前半、やっと自分の給料で遊べるようになってきた頃、友人に誘われエステの体験に。

初回は無料体験であったが、カウンセリングからの施術、最後にもちろん勧誘されました。

当時、下半身の太さが気になっていた私はその部分をまんまと指摘され
エステに通うとこんなにも変わるよ的な言葉に期待し、そんなに変われるならと思い契約の話を進めました。

施術にかかる費用がとても高かったことを覚えています。もちろんローンを組むことになり、そこで迷いが生じましたが、
月収やボーナス、年収を聞かれ「月々これくらいの返済なら問題ないんじゃない」と電卓までたたかれ、断ることができませんでした。

就職したてで、実家暮らしだったので定期的に必要なお金もなく「払えるかも」と思ってしまったのです。

それから、何度か通っていくうちに最初の契約分が終わり結果が思わしくないと次から次へと追加の施術やサプリ、下着などを勧められました。

当然、目に見えて体重は減りましたが1番気にしていた下半身はそこまで大きな変化は見られませんでした。

その年の夏は今までになく自信をもってビキニを着ることができたのを覚えています。

最終的に、痩身エステの効果が一段落するとフェイシャルエステまで勧誘されました。
頼まれごとや誘いごとはなかなか断われない私も流石に危機感を感じ、フェイシャルエステは断りました。

毎回、何かしらの勧誘を受けるようになったので自然と足が遠のき、契約回数に満たないところでブッチしたのを覚えています。

あれから10年、通うことをやめてから3年程度はローンを払い続け、今は完済。手許に残ったのは補正下着のみ。悔しいから10年間使い続けボロボロになりました。

エステの効果は最初の1年くらい。それをキープできるかどうかは自分次第で、私の場合は翌年にはほぼ元に戻りました。
高い買い物をしたと思っていますが、これもひとつの社会勉強だったと思い今に至ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする